還元[編集 | ソースを編集]

デッキ[編集 | ソースを編集]

確定[編集 | ソースを編集]

下記リストから1~3枚

Near.png試してみるか(Light.png2)
試してみるか.png
Guard.png2~6  マッチ勝利 相手の次のダイスを弱体化
Slash.png2~4 
Slash.png2~3 
Near.pngいい感じ(Light.png1)
いい感じ.png
Slash.png1~5  的中 次の幕 脆弱.png脆弱 1 付与
Guard.png3~4 
Near.png準備(Light.png1)
準備.png
Penetrate.png2~3 
Guard.png3~4  マッチ勝利 Light.png 1 回復
Near.png流し打ち(Light.png0)
流し打ち.png
Evasion.png1~4  (効果なし)
Slash.png1~2 
Near.png集中攻撃(Light.png3)
集中攻撃.png
Slash.png3~5 
Slash.png3~5 
Penetrate.png1~3 

ランダム[編集 | ソースを編集]

下記リストから0~3枚

Near.png突き刺す(Light.png1)
突き刺す.png
Penetrate.png1~4 
Penetrate.png1~4 
Near.png殴る(Light.png2)
殴る.png
Hit.png2~6 
Hit.png2~4 
Near.png先攻(Light.png2)
先攻.png
Slash.png3~5 
Evasion.png1~8 
Near.png素早い(Light.png1)
素早い.png
使用時 次の幕 クイック.pngクイック 1 獲得
Hit.png1~4 
Evasion.png1~6 

ストーリー[編集 | ソースを編集]

Storyupper.png
フィクサーの仕事をやるには、かなりの準備が必要なんだって。装備の選択から、自分の身を守る服、装飾品とか……。でもやっぱり、最初は身体強化からだね。いくら経験豊富で、装備が良くても、体がついていかなきゃマジで使えないしね?身を粉にして身体を鍛えたところでねぇ。いくら身体を鍛え抜いたところで結局限界がくるし、機械義体とか生体部品で変えた体じゃ相手にもならないし。結局、自分の身を守れないと何も始まらないから、仕事のために嫌々大金をつぎ込むの。
身体を強化する方法はたくさんあるよ。外骨格、生体施術、ナノタトゥー、義体使用とか……。どんな工房の技術を使うかは、好みと目的の違いだったり。ある人は片手で電信柱を引っこ抜けるくらいの馬鹿力を望んだり、ある人は一息にブロックを何区画か飛び越えられる速さを求めたりするの。バリエーションが凄いから、全部話すとしたら口が痛くなるわ。必要な能力は、ほぼ全部得られるって思えばいいよ。問題があるとすれば、金。都市じゃ、金さえあれば力は得られるんだから。だから相手を分析するとき、まず真っ先に目に入るのが体にどれだけ金を注ぎ込んだのかって……。あ、もちろん一部の組織とか、翼みたいな閉鎖的集団が持ってる特許は金があってもほぼ使えないんけど。
でも見てよ!ちょっとした施術だけでこんな馬鹿でかい武器が片手で持てるんだ。こんな力がつくんだよ?実のところ、最近は身体強化が選択肢じゃなくて必須ってこと知っておいたほうが良いかもね。大抵のやつは皆身体強化施術を受けてるだろうし、君1人だけ弱いままでいるわけにはいかないよね?
100%
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。